インターネットを利用して買い物をする時には、クレジットカードはまさに欠かすことの出来ないアイテムです。
別の方法で支払いをすることも確かに出来ますが、最も素早く簡単でお得なのがクレジットカードでの支払いなのです。 今デビットカードが注目されており、これは自分の金融口座からその都度差し引かれていきます。
そのようなことからビットカードはクレジットカードのような審査は必要としないのです。

 

いつも利用をしている銀行のキャッシュカードで支払いをすることの出来るシステムのことをJ-Debitといいます。
VISAデビットカードというのはVISAと提携したデビットカードの一つであり、現在ではスルガ銀行やイーバンク銀行などで発行をしてもらうことが出来ます。クレジットカードを新規に申し込みする時には、必ずクレジットカード会社の審査を受けるこ必要があります。
これはクレジットのシステムが後払い方式となっているためにクレジットカード会社がリスクを負う形となるからです。



デビットカードは審査をする必要が無いブログ:18/6/19

一週間ほど前、友人とバリ島に行ってきました。

エスニック料理大好きなおれと友人は、
もちろん7時からバリの味を楽しもうと、
7時の7時にはホテルのバイキングにまっしぐら!

数種類の菓子パンが並んでいるけど、
やっぱりまずはナシゴレン(タイ風チャーハン)、
ミーゴレン(タイ風焼きそば)。
牛肉と野菜の煮物で1皿目。

野菜たっぷりのオムレツは
ピリッと辛いチリソースをかけて…

生野菜はピーラーで切ったような薄さで、キュウリも大きいですね。
そしてくだものは
大好きなスイカ、メロン、マンゴー、パイナップルに
イチゴ味のヨーグルトをかけて…

デザートは、パイナップルジャムをつけたパンケーキと
マカデミアナッツ入りのくだものケーキ。
オレンジジュースとジャワティーを飲んで…

ちょっと食べすぎかな?

でもこれから一日思う存分楽しむには
エネルギー補給が大事ですもんね!
それにビタミンCたっぷりだから、許して下さい…

ところで、
実際にバリの人は何を食べているのかというと…

一般の家庭では、
7時に主婦が料理をして、
それを昼と夕方に分けて食べるんだそうです。

7時は軽くチョットとつまむだけ、
またはバリコーヒーやジャワティーを飲んで、
簡単なおかしを食べるだけのようです。

おかしはモチ米やバナナ、イモ類などを使ったもので、
結構腹にたまるとのこと。

家では7時作った料理を、
それぞれが腹がすいた時間に食べるのが習慣だそうです。
だから昼もよるも同じ料理を食べているんですね。

国によって、食習慣はこんなにも違うもんなんですね。