インターネットを利用して買い物をする時には、クレジットカードはまさに欠かすことの出来ないアイテムです。
別の方法で支払いをすることも確かに出来ますが、最も素早く簡単でお得なのがクレジットカードでの支払いなのです。 今デビットカードが注目されており、これは自分の金融口座からその都度差し引かれていきます。
そのようなことからビットカードはクレジットカードのような審査は必要としないのです。

 

いつも利用をしている銀行のキャッシュカードで支払いをすることの出来るシステムのことをJ-Debitといいます。
VISAデビットカードというのはVISAと提携したデビットカードの一つであり、現在ではスルガ銀行やイーバンク銀行などで発行をしてもらうことが出来ます。クレジットカードを新規に申し込みする時には、必ずクレジットカード会社の審査を受けるこ必要があります。
これはクレジットのシステムが後払い方式となっているためにクレジットカード会社がリスクを負う形となるからです。



デビットカードは審査をする必要が無いブログ:18/9/20

シェイプアップ中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
10時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
22時になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪がからだに蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
からだに脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
からだのエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

22時は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
10時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

10時は1日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
1日の後半のご飯になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
からだに必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
からだに脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

――――――以上で今日の報告を終わります。